2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スリム法 方法論

ネットで見られるようなダイエット法やダイエットサイトでもって、どこまで痩せる効果を期待できるのか?

ネットや市販で販売されているダイエット法やダイエット教材には、有象無象様々なものがあります。脱カロ生活~などで触れられているのも、良い指摘もないわけではありませんが、要はそういうことだと言えます。

結局、安上がりの既存のダイエット法を教材内容に充てただけで、一般的な効果を万人に期待できる教材というのは限られています。安上がりの方法だと、逆に太ってしまうこともありうるわけで、やっぱり内容が理論的にしっかりしているかどうかもポイントです。

これはダイエット飲料の内容成分を中心に前回書きましたが、
おさらいで又みてみますと、

○コラーゲン
○大豆
○ビタミンB群・E・C・D
○鉄分といったミネラル
○糖質

・・・・・・などが主な主原料です。
このうち重要なのが、ビタミンB1は糖質の燃焼を、ビタミンB2は脂質の燃焼をサポートする機能があります。
ビタミンCなどには消化機能をサポートしますが、このように消化と排出のうち、消化に重点が置かれています。

糖分が配合されているのは、脳などの唯一の栄養源であるなど生きていく上で不可欠なものだからです。
ただ、大豆成分の配合は、植物性たんぱく質を意識したものですが、動物性たんぱく質の摂取がないと、
そもそも筋肉の働きによる基礎代謝もうまく働かないので、ここは片手落ちの感も否めません。

美容液ダイエットシェイクにしろ、DHCプロテインダイエットにしろ、またネット上で溢れているダイエットサプ
リにしろ・・・ 六大栄養素ないし三大栄養素の一つであり、ダイエットに必須の基礎代謝に不可欠のたんぱく質
成分が決定的に不足している
置き換え食品でしかないので、長くこれだけを主食にして継続していると、リ
バウンドしやすい身体にも変化しますし、栄養失調にも陥りかねません。
なにより、たんぱく質が不足したままでは、ダイエットに重要な基礎代謝自体が損なわれるので、逆にリバウンド
やらで太りかねないことに・・・。


ダイエットをするのであれば、基本はきちんとしたマニュアルに沿った運動エクササイズをすることをお奨めします。
サプリは主食の補助サポート気分で摂りたいものです!!!

スポンサーサイト
2013年03月13日(Wed) | 未分類 | TB(-) | CM(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。